奥能登国際芸術祭

投稿日:

今秋、9月より開催される奥能登国際芸術祭にOngoingCollectiveとして参加することになりました!
「口伝資料館」という企画で作品をつくります。Ongoing Collectiveのメンバーの約40名の作家の中からセレクトされた10 人が珠洲の人々から昔話やら個人的な話やら思い出話やら、いろんな話を聞いて、その話にインスピレーションをもらって作品にしていきます。
展示場所は三崎地区にある小泊保育所。ひとつの大きな空間じゃなくて、部屋を回りながらいろんな口伝に触れられる場所です。あたかも実在する資料館のように、10 の全く違う部屋をつくっていきます。会期中は、現地の子供たちを集めたワークショップをはじめ、保育園スペースを舞台にしたシンポジウムやトークイベント開催します。

■タイトル
『奥能登口伝資料館』
■アーティスト
青木真莉子、小鷹拓郎、齋藤春佳、柴田祐輔、千葉正也、東方悠平、東野哲史、山下拓也、山本篤、和田昌宏
■キュレーション
小川希、高村瑞世


会場:石川県珠洲市全域
会期:2017年9月3日〜10月22日 50日間
主催:奥能登国際芸術祭実行委員会
webサイト:http://oku-noto.jp/
アクセス:http://oku-noto.jp/access/
観覧料:作品鑑賞パスポート
芸術祭作品を鑑賞できるパスポート。 パスポート提示で、飲食店、宿泊施設、イベント割引など各種優待あり。
2017年5月下旬より前売券発売開始。 各種プレイガイドほかで取扱い予定。
一般:当日2500円/前売2000円
高校生:当日1000円/前売800円
小中学生:当日500円/前売300円




今回は本当に珠洲の人たちと一緒に作ったと言える作品になっていると思います。
協力してくれた本当にたくさんの人たちには感謝しかありません。
まだ編集を進めている状態ですが、多くの方に喜んでもらえるように引き続き頑張ります。

トーク「100年後の未来のために話すこと」

投稿日:

5月12日(金)19:00~
参加費:1000円(1drink付き、入場料込み)
@Art Center Ongoing

詳しくはこちら
http://www.ongoing.jp/ja/artcenter/gallery/index.php?itemid=541

奥多摩映画館でも一緒だった小鷹君にトークのゲストで呼んでいただきました。
みんなで未来を考えることができるような会にできたらと思っております。

ハイブリッド映像論

投稿日:

ongoing_banner_2-1

15組のキュレータ&アーティストが生みだした至極の映像群

[日時] 2016年11月19日(土)
15:30~18:00
※18:30~シンポジウム『コレクティブの現在』
ゲスト、白川昌生(美術家)、毛利嘉孝(社会学者)

[会場] シネマまえばし(マップ)
群馬県前橋市千代田町五丁目1番1 前橋プラザ元気21・別館3階
(旧前橋西武ウォーク館 旧テアトル西友)

[入場] 無料

2016年11月19日(土)、Ongoing Collectiveは群馬県前橋市にある映画館”シネマまえばし”を舞台に、1夜限りのスペシャル映像祭『ハイブリッド映像論』を開催します。Ongoing Collectiveは、この夏東京・吉祥寺にて結成された、現代美術作家、映像作家、画家、写真家、彫刻家、パフォーマー、ミュージシャン、キュレーター等、全45人からなるアーティスト集団。今回の企画では、コレクティブメンバーがキュレーターと映像作家にわかれタッグを組み、新作映像作品を制作。当日は、全15本のハイブリッド=異種混合の映像作品を一挙公開します。上映後は「コレクティブ=集団としてのアーティスト」の可能性を探るシンポジウム『コレクティブの現在』を開催。アートと映像が出会って起きるハイブリッドな事件を目撃してください。

curator × Artist

阿部葉子 × 青木真莉子
飯川恭子 × 大木裕之
蛭子未央 × 多田佳那子
柴田祐輔 × 片山真妃
万代洋輔 × WY
伊佐治雄悟 × 山本篤
早川真奈 × 齋藤春佳
東方悠平 × 阪中隆文
吉田絵美 × 鷺山啓輔
高村瑞世 × 鈴木光
うらあやか × 千葉正也
弘川ゆきえ × 二藤建人
髙木花文 × 和田昌宏
秋葉大介 × 村田啓(from 秋葉大介推薦)
内海潤也(from 前橋映像祭) × 林俊作(from 前橋映像祭)

ジングル
滝川たきを a.k.a. 東野哲史

投票をお願いします
当日は、審査員および観客のみなさんにどの上映作品が一番面白かったかを投票していただきます。得票数1位の作品を制作したキュレーターと作家のタッグには、作家の千葉正也作成の記念トロフィーおよび、次回、Ongoing Collectiveの海外での交流展やレジデンス等において、優先的にその企画に参加できるようになります。
審査員:白川昌生(美術家)、毛利嘉孝(社会学者)、小川希(Ongoing Collective)

maebashi-1maebashi-2