EXHIBITION」カテゴリーアーカイブ

TERATOTERA祭り2015 -Sprout-

mainimg

『TERATOTERA祭り』は、JR中央線沿線で様々なアートイベントを展開している地域密着のアートプロジェクトTERATOTERA(テラトテラ)が、2015年11月21日〜23日の3日間、三鷹駅周辺地域を舞台に開催する大規模展覧会です。今年は若手アーティストによる街中でのアート展をはじめ、演劇作品や音楽ライブなど盛りだくさんのラインナップ。短期間にギュッと詰め込んだアートの祭典にぜひお気軽に足をお運びください。

〈コンセプト〉
「あの日」から4 年半余りの月日が過ぎた。大地を揺らした大きな力は、我々がこの世界を生きる意味に対しても揺さぶりをかけ、それ以前の日常はもう決して戻ってはこない。社会的な変動もあれから加速度を増してしまったかのようだ。それに伴い、今を生きる全ての人々に対して早急な選択が迫られている。
「それで、あなたは、どちらなの?」
表現の世界であってもそれは例外ではない“ポリティカル” というさほど聞きなれない言葉がアーティストの口々を飛び交いはじめ、政治的な表現はこの小さな島国をあっというまに覆い尽くした。賛同する・しないに関わらず、そうした表現は今を生きるアーティストにとって大きな指標となったかのようだ。政治的か、政治的でないか。
ただここに来て、その二つの選択肢では括りとれない新しい動きが芽生えつつあるように感じる。そうした新しい表現は、過去を無視するわけでも、忘却するわけでもない。ただ、そこにしがみつくのではなく、自身の脚で自らが信じる方向にすっと立ち上がる。そこに迷いはない。
Sprout = 萌芽を意味するその言葉のように、「あの日」以前そしてそれ以降には決して見ることのできなかった未知なる表現が芽生え始めている。ともすると、あの大きな揺れがもたらした空白の時間、それこそが、彼らを生みだす土壌を作っていたのかもしれない。
T E R A T O T E R A 祭り2 0 1 5 – S p r o u t –
新しい予感に満ち溢れたその無数の芽たちは、私たちをどこへ導いてくれるのだろう。

TERATOTERA ディレクター
小川 希

日時:2015年11月21日(土)〜23日(月・祝)11:00〜19:00
会場:三鷹駅周辺施設、空店舗など
アート展示:うらあやか、江藤佑一、小鷹拓郎、阪中隆文、瀬川祐美子、玉山拓郎、
野口竜平、山本篤、和田昌宏
ライブ: 井手健介、藤田陽介、マヒトゥ・ザ・ピーポー
演劇:贅沢貧乏
参加費:無料(ライブ、演劇のみ有料)
後援:三鷹市、武蔵野市

詳細はこちら
http://teratotera.jp/event/matsuri2015/ 

ありがたいことに、今回も参加させていただけることになりました「TERATOTERA祭り」。
毎度のことですが、まず展示予定の場所を見て、何をどう見せることができるか考える個人的にスリリングで学びの多い企画です。
今回は、市民スペースのような場所で、写真展?を予定しています。

そのメロンソーダ 何の味?

melon

アートを“味”でみてみよう! あなたの味覚でみた時、その作品はおいしい?まずい? あまい?すっぱい?にがい?からい?もしかしたら、今までちょっと遠くから見ていたアート。勇気を出して、舌にのせた気分で、味わってみてください。

「味覚」は古くは、その判断の主観性から、五感の中で下級な感覚と位置付けられてきた。「蓼食う虫も好きずき」、個々人の趣味嗜好にすぎず議論に値しないという意味で。しかし、今、むしろ自分自身の趣味嗜好を知ること、それこそがとても肝腎なことなのではないだろうか。あらゆる欲望がマーケティングされ、私たちが食べるもの諸々すべてが、どこかから用意された”なんとなくよさげなもの”でいっぱいだ。自分が固有に持つ趣味嗜好について、ほんのすこしだけ立ち止まって、考えてみる。

出展作家:
小笠原圭吾、角銅真実、佐藤雅晴、田中和人、山本篤

詳細はこちら→http://taste-melonsoda.jp/

会期:
2015年10月3日(土)〜11月8日(日)
(開館時間:10:00〜20:00)

会場:
東逗子旧キリガヤ(沼間1-4-43)MAP
※JR東逗子駅より徒歩約4分

逗子駅近の飲食店でも作品展示あり:
SUECCO CAFE / moomoo’s / 清水橋バル

入場料:
500円(ワンドリンクつき)
※高校生以下、無料

主催:
任意団体コトヅテ

【お問い合わせ】
MAIL: info@taste-melonsoda.jp
TEL: 080-5521-4923(代表:原)

逗子で展示ということで、いろいろな人に力を借りながら作品を制作しています。
若者と海の街をテーマとした新作の映像インスタレーションを展示予定です。

20151001

3331 Art Fair 2015-Various Collectors’ Prizes‒

fb

詳細はこちら→http://artfair.3331.jp/2015/

【会期】
2015年3月21日(土)~3月29日(日)
【開場時間】
11:00-20:00(最終日のみ19:00まで) ※ 最終入場は閉場30分前
【オープニングイベント】
(ご招待者のみ)
3月20日(金)
16:00-19:00 内覧会
19:00-21:00 オープニングレセプション
【休場日】
会期中無休
【会場】
アーツ千代田3331 1階メインギャラリー
【入場料】
一日券
一般1,200円
シニア・学生800円
高校生以下、障がい者 無料
ペアチケット2,000円

※いずれも当日に限り再入場可。
全日パスポート
一般2,000円
シニア・学生1,600円

※ご本人様に限り会期中何度でもご入場頂けます。
※デポジット制:作品ご購入の来場者さまには入場料を全額ご返却します。

【主催】
3331 Arts Chiyoda
【協力ギャラリー】
A/A Gallery / AOYAMA | MEGURO / Bambinart Gallery / CASHI / CfSHE Gallery / Clark Gallery + SHIFT / HAGIWARA PROJECTS / HARMAS GALLERY / hpgrp GALLERY / Imura Art Gallery / island JAPAN / Gallery Jin / Gallery K / KIDO Press / Gallery Kobayashi / Gallery Monma & Annex / Gallery MoMo / Mujin-to Production / nap gallery / Gallery OUT of PLACE / rosenfeld porcini, London / Taka Ishii Gallery / TALION GALLERY / Gallery Ten / YKG / gallery 21yo-j
【作家選定外部委員】
市原研太郎 / 福住 廉
【キー・ヴィジュアル】
山縣良和 / writtenafterwards[協力:ボクトウ刺繍]

TERATOTERA祭り Encounter – 邂逅 –

mainimg

『TERATOTERA祭り』は、JR中央線沿線で様々なアートイベントを展開している地域密着のアートプロジェクトTERATOTERA(テラトテラ)が、2015年2月20日〜22日の3日間、三鷹駅北口周辺地域を舞台に開催する大規模展覧会です。今年は街中でのアート展をはじめ、芸能劇場での演劇作品や映画上映、柔道場での音楽ライブなど盛りだくさんのラインナップ。短期間にギュッと詰め込んだアートの祭典にぜひお気軽に足をお運びください。

日時
2015年2月2月20日(金)〜22日(日)11:00〜19:00
会場
武蔵野芸能劇場(小ホール、小劇場)、東海大学望星学塾柔道場、
空店舗など三鷹駅駅北口周辺各所
参加費
無料(ライブ、演劇のみ有料)
アート展示
泉太郎、出津京子、太田祐司、東野哲史、山本篤、和田昌宏
映像上映
泉太郎、井出賢嗣、大木裕之、小鷹拓郎、鷺山啓輔、柴田祐輔、鈴木光、地主麻衣子、山本篤、和田昌宏
ライブ
ジム・オルーク、巻上公一
パフォーマンス
指輪ホテル
後援
武蔵野市

詳細はこちら

今年も展示のお声掛けをいただき、本当に嬉しく思っています。
昨年と同じように3日間のパフォーマンス(?)とインスタレーションを考えています。

国立奥多摩美術館~13日間のプレミアムな漂流~

moao2014

参加作家
赤石隆明・牛島達治・小鷹拓郎・こようちひろ・Colliu・関野吉晴・武田龍・永畑智大・二十二会・松尾勘太・山本篤・和田昌宏

日程
9月13日(土)〜15日(月)、20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日)
10月4日(土)〜6日(月)、11日(土)〜13日(月)

時間
12時00分〜20時00分
※イベントにより異なる

料金
500円(何度でも入場可)

ウェブ
moao.jp

場所
国立奥多摩美術館(東京都青梅市二俣尾5-157)



9月13日にはスタートと、レジデンスから戻って全然時間がありませんが、前回も参加させてもらった本当に素晴らしい企画なので、奥多摩という場所も考えての新作を出品したいと考えています。帰国後すぐに撮影に入ります!環境も季節も本当に素晴らしいので是非足を運んでいただけたら嬉しいです。

展覧会情報をご希望の方へ

山本篤の展覧会情報を希望の方はお手数ですが、下記のフォームからご登録下さい。
こちらからメールマガジン形式にて展覧会情報を送らせていただきます。



メールアドレス


THE LAST BAUS × TERATOTERA 10×10 ~映画と映像と~

10_10

10人の現代アーティストによる10分の映像作品。
中央線沿線で様々なアートプロジェクトを展開しているTERATOTERAは、活動を開始した2010年よりバウスシアターとコラボレーションし、映像作品の上映、音楽ライブ、トークショーなどを実施してきました。
この吉祥寺を代表する老舗映画館バウスシアターが、惜しまれつつも30年の歴史に幕を閉じようとしている今、TERATOTERAでは現代美術のフィールドで活躍する10人のアーティストによる10分の映像作品の上映プログラムを企画しました。
10作品、全て新作。
アフタートークのゲストには、宮沢章夫さんをお招きしています。
バウスシアターとの最後のコラボレーションにふさわしい豊潤で贅沢な光の芸術にぜひ包み込まれてください。

2014年4月27日(日) 11:20~13:30

参加作家:泉太郎、井出賢嗣、大木裕之、小鷹拓郎、鷺山啓輔、柴田祐輔、鈴木光、地主麻衣子、山本篤、和田昌宏

アフタートーク・ゲスト:宮沢章夫

会場:吉祥寺バウスシアター

料金:¥1,500

主催:東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)、一般社団法人Ongoing

協力:株式会社武蔵野映画劇場 吉祥寺バウスシアター

Civic Pride ~わたしたちのマチ・わたしたちのアート~

CivicPride_WEB_564x370

Civic Pride ~わたしたちのマチ・わたしたちのアート~

『シビックプライド わたしたちのマチ・わたしたちのアート』は、アートプロジェクト開催のスキルを学ぶ実践講座『Tokyo Art Research Lab アートプロジェクトを456(しこむ)』と、中央線沿線で様々なアートイベントを展開しているTERATOTERAがコラボレーションし、JR三鷹駅北口周辺の武蔵野市中央地区を舞台に開催する2日間の特別企画です。
本企画は「シビックプライド=市民としてのまち への誇りと愛着」を育むために、アートがどのような役割を担うことが出来るのかを考察したいという想いから考えられました。
「シビックプライド」という言葉は、地元に対して抱く愛着だけを意味するものではありません。そのまちが生まれ育った場所であるか否かにかかわらず、自らがまちの構成員であり、その公共の一端を担っているという自治意識までをも含むものです。
「公共」の捉え方が受動的なものから能動的なも のに移行しつつある昨今、そうした自治意識の育て方も変化していくことが予想されます。その変化の中で、アートはシビックプライドの醸成 に何らかの影響をもたらすことができるのでしょうか。
「生活の中にアートを」というそこかしこで 聞かれる言葉を、単にまちなかで作品を発表するといったアウトプットの形だけで捉えても仕方がありません。自分の生き方を見つめ直し、暮 らしにちょっとした工夫を加えてみようとする。アートがそんな創造的な姿勢を引き出すトリガーになるのであるならば、「生活の中にアート を」という聞きなれた言葉に、より強い響きを持たせることができるのかもしれません。
創造性の対象となる「生活」の範囲を「仕事から 離れたプライベートな時間」から「他者との共有空間=まちで過ごす時間」にまで拡張したうえで、「このまちをもっと良いものにしたい」と いう主体的な気持ちをアート表現は引き出しうるのか。今回の企画が、アートとシビックプライドの交差を模索する第一歩になればと思います。

日時:平成26年2月22日(土)・23日(日)2日間 12:00-18:00
会場:JR三鷹駅北口周辺施設、空店舗など8カ所(会場は全て三鷹駅から1分~5分の範囲です)
参加費:入場無料
参加アーティスト: 中島由夫、山本高之、飯川雄大、山本篤、永畑智大、福永信

http://teratotera.jp/event/civicpride/index.html

今回、2日間のパフォーマンスを行う予定です。是非お越しください