TERATOTERA祭り2017 Neo-political~わたしたちのまつりごと~

投稿日:

漠然とした不安が頭をもたげる。何かがさし迫っているのだがどうすることもできない焦燥感。変わらないと思っていた日常が非日常へと急速に変貌をとげ、分厚い暗雲が頭上に立ち込めてくる。

6年半前、大地が大きく揺れて以降、言いようのない不安の影はわたしたちの生活を徐々にだが確実に覆うようになってきている。原発事故、集団的自衛権、普天間移設問題、憲法改正、ヘイトスピーチに共謀罪。国外に目を移せば、絶対にありえないと言われていた大統領が誕生し、世界中で難民や移民問題は未だ解決策を見出せていない。近隣諸国との歴史認識の溝は埋められないばかりか、核の恐怖が現実に忍び寄りつつある。

こうした中、日本でもPolitical(政治的)な表現が、ここ数年よく見られるようになった。ただその多くは、作品制作のために政治問題を扱っているようにも見えてしまい、わたしたちの生活からはどこか遠い印象を受けてしまう。アートというゲームの中だけで成り立つPolitical Correctness(政治的に適切)な表現の蔓延。

では大きく変動をとげるこの社会の現状に対して、わたしたちは個として何もできないのだろうか。大きな流れに身を委ねることだけしか選択肢は残されていないのか。

今回のTERATOTERA祭りでは、『Neo-political ~わたしたちのまつりごと~』というテーマを掲げた。参加をお願いした作家たちは、個人的な興味や問題から作品を制作し、一見すると政治的な表現とはほど遠いイメージを持つものが多い。ただ僕には、彼ら、彼女らの個人的な表現が、どこかでより大きな問題へと繋がっているように感じてならない。大文字の政治ではない、個からしか辿り着くことのできない新たな政治的な表現。

今回、一点だけ作家にお願いしたことがある。それは観客を自らの作品に何らかの形で巻き込んでいって欲しいというもの。政治とはその社会に生きるすべての人が参画すべきものであって、他でもないわたしたち自身の問題なのである。個人としてしか触れることのできない、まつりごと=政治の手触りをこの3日間を通して訪れた人たちと共有したい。

TERATOTERAディレクター
小川希


開催概要

日程:2017(平成29)年11月10日(金)11日(土)、12日(日)11:00〜19:00
会場:JR三鷹駅北口周辺施設、空店舗など(会場は全て三鷹駅から1分~5分の範囲です)
参加費:無料
アート展示:有賀慎吾、うらあやか、江上賢一郎、off-Nibroll、中崎透、二藤建人、村上慧、
      山城知佳子、山本篤、和田昌宏
ライブパフォーマンス:切腹ピストルズ

主催:東京都、アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
   一般社団法人Ongoing

協力:HYM(ハモニカ横丁ミタカ)、UR都市機構(独立行政法人都市再生機構)、
   株式会社 まちづくり三鷹、ほか

【詳細はこちら】
http://teratotera.jp/events/matsuri2017/


今回は、前回アイドルの握手会の作品を展示した「武蔵野芸能劇場」の小ホールスペースで、パフォーマンスを含めた作品を展示する予定です。良いものをみせることができるようにがんばります。

奥能登国際芸術祭

投稿日:

今秋、9月より開催される奥能登国際芸術祭にOngoingCollectiveとして参加することになりました!
「口伝資料館」という企画で作品をつくります。Ongoing Collectiveのメンバーの約40名の作家の中からセレクトされた10 人が珠洲の人々から昔話やら個人的な話やら思い出話やら、いろんな話を聞いて、その話にインスピレーションをもらって作品にしていきます。
展示場所は三崎地区にある小泊保育所。ひとつの大きな空間じゃなくて、部屋を回りながらいろんな口伝に触れられる場所です。あたかも実在する資料館のように、10 の全く違う部屋をつくっていきます。会期中は、現地の子供たちを集めたワークショップをはじめ、保育園スペースを舞台にしたシンポジウムやトークイベント開催します。

■タイトル
『奥能登口伝資料館』
■アーティスト
青木真莉子、小鷹拓郎、齋藤春佳、柴田祐輔、千葉正也、東方悠平、東野哲史、山下拓也、山本篤、和田昌宏
■キュレーション
小川希、高村瑞世


会場:石川県珠洲市全域
会期:2017年9月3日〜10月22日 50日間
主催:奥能登国際芸術祭実行委員会
webサイト:http://oku-noto.jp/
アクセス:http://oku-noto.jp/access/
観覧料:作品鑑賞パスポート
芸術祭作品を鑑賞できるパスポート。 パスポート提示で、飲食店、宿泊施設、イベント割引など各種優待あり。
2017年5月下旬より前売券発売開始。 各種プレイガイドほかで取扱い予定。
一般:当日2500円/前売2000円
高校生:当日1000円/前売800円
小中学生:当日500円/前売300円




今回は本当に珠洲の人たちと一緒に作ったと言える作品になっていると思います。
協力してくれた本当にたくさんの人たちには感謝しかありません。
まだ編集を進めている状態ですが、多くの方に喜んでもらえるように引き続き頑張ります。

ハイブリッド映像論

投稿日:

ongoing_banner_2-1

15組のキュレータ&アーティストが生みだした至極の映像群

[日時] 2016年11月19日(土)
15:30~18:00
※18:30~シンポジウム『コレクティブの現在』
ゲスト、白川昌生(美術家)、毛利嘉孝(社会学者)

[会場] シネマまえばし(マップ)
群馬県前橋市千代田町五丁目1番1 前橋プラザ元気21・別館3階
(旧前橋西武ウォーク館 旧テアトル西友)

[入場] 無料

2016年11月19日(土)、Ongoing Collectiveは群馬県前橋市にある映画館”シネマまえばし”を舞台に、1夜限りのスペシャル映像祭『ハイブリッド映像論』を開催します。Ongoing Collectiveは、この夏東京・吉祥寺にて結成された、現代美術作家、映像作家、画家、写真家、彫刻家、パフォーマー、ミュージシャン、キュレーター等、全45人からなるアーティスト集団。今回の企画では、コレクティブメンバーがキュレーターと映像作家にわかれタッグを組み、新作映像作品を制作。当日は、全15本のハイブリッド=異種混合の映像作品を一挙公開します。上映後は「コレクティブ=集団としてのアーティスト」の可能性を探るシンポジウム『コレクティブの現在』を開催。アートと映像が出会って起きるハイブリッドな事件を目撃してください。

curator × Artist

阿部葉子 × 青木真莉子
飯川恭子 × 大木裕之
蛭子未央 × 多田佳那子
柴田祐輔 × 片山真妃
万代洋輔 × WY
伊佐治雄悟 × 山本篤
早川真奈 × 齋藤春佳
東方悠平 × 阪中隆文
吉田絵美 × 鷺山啓輔
高村瑞世 × 鈴木光
うらあやか × 千葉正也
弘川ゆきえ × 二藤建人
髙木花文 × 和田昌宏
秋葉大介 × 村田啓(from 秋葉大介推薦)
内海潤也(from 前橋映像祭) × 林俊作(from 前橋映像祭)

ジングル
滝川たきを a.k.a. 東野哲史

投票をお願いします
当日は、審査員および観客のみなさんにどの上映作品が一番面白かったかを投票していただきます。得票数1位の作品を制作したキュレーターと作家のタッグには、作家の千葉正也作成の記念トロフィーおよび、次回、Ongoing Collectiveの海外での交流展やレジデンス等において、優先的にその企画に参加できるようになります。
審査員:白川昌生(美術家)、毛利嘉孝(社会学者)、小川希(Ongoing Collective)

maebashi-1maebashi-2