3331 Art Fair 2015-Various Collectors’ Prizes‒

fb

詳細はこちら→http://artfair.3331.jp/2015/

【会期】
2015年3月21日(土)~3月29日(日)
【開場時間】
11:00-20:00(最終日のみ19:00まで) ※ 最終入場は閉場30分前
【オープニングイベント】
(ご招待者のみ)
3月20日(金)
16:00-19:00 内覧会
19:00-21:00 オープニングレセプション
【休場日】
会期中無休
【会場】
アーツ千代田3331 1階メインギャラリー
【入場料】
一日券
一般1,200円
シニア・学生800円
高校生以下、障がい者 無料
ペアチケット2,000円

※いずれも当日に限り再入場可。
全日パスポート
一般2,000円
シニア・学生1,600円

※ご本人様に限り会期中何度でもご入場頂けます。
※デポジット制:作品ご購入の来場者さまには入場料を全額ご返却します。

【主催】
3331 Arts Chiyoda
【協力ギャラリー】
A/A Gallery / AOYAMA | MEGURO / Bambinart Gallery / CASHI / CfSHE Gallery / Clark Gallery + SHIFT / HAGIWARA PROJECTS / HARMAS GALLERY / hpgrp GALLERY / Imura Art Gallery / island JAPAN / Gallery Jin / Gallery K / KIDO Press / Gallery Kobayashi / Gallery Monma & Annex / Gallery MoMo / Mujin-to Production / nap gallery / Gallery OUT of PLACE / rosenfeld porcini, London / Taka Ishii Gallery / TALION GALLERY / Gallery Ten / YKG / gallery 21yo-j
【作家選定外部委員】
市原研太郎 / 福住 廉
【キー・ヴィジュアル】
山縣良和 / writtenafterwards[協力:ボクトウ刺繍]

TERATOTERA祭り Encounter – 邂逅 –

mainimg

『TERATOTERA祭り』は、JR中央線沿線で様々なアートイベントを展開している地域密着のアートプロジェクトTERATOTERA(テラトテラ)が、2015年2月20日〜22日の3日間、三鷹駅北口周辺地域を舞台に開催する大規模展覧会です。今年は街中でのアート展をはじめ、芸能劇場での演劇作品や映画上映、柔道場での音楽ライブなど盛りだくさんのラインナップ。短期間にギュッと詰め込んだアートの祭典にぜひお気軽に足をお運びください。

日時
2015年2月2月20日(金)〜22日(日)11:00〜19:00
会場
武蔵野芸能劇場(小ホール、小劇場)、東海大学望星学塾柔道場、
空店舗など三鷹駅駅北口周辺各所
参加費
無料(ライブ、演劇のみ有料)
アート展示
泉太郎、出津京子、太田祐司、東野哲史、山本篤、和田昌宏
映像上映
泉太郎、井出賢嗣、大木裕之、小鷹拓郎、鷺山啓輔、柴田祐輔、鈴木光、地主麻衣子、山本篤、和田昌宏
ライブ
ジム・オルーク、巻上公一
パフォーマンス
指輪ホテル
後援
武蔵野市

詳細はこちら

今年も展示のお声掛けをいただき、本当に嬉しく思っています。
昨年と同じように3日間のパフォーマンス(?)とインスタレーションを考えています。

9月25日(木) Ongoing 文化の日

ss

9月25日(木) 20:00~

Ongoing 文化の日
山本篤のベルファストレジデンス報告会

参加費:ワンドリンクオーダー

詳細はこちら↓
http://www.ongoing.jp/ja/artcenter/gallery/index.php?itemid=354

アートセンター オンゴーイングの推薦で滞在させてもらった、
北アイルランド ベルファスト アーティスト・イン・レジデンスでの2ヵ月間について
制作した作品を見せながら話す予定です。
(現地で展示の機会があったわけではないので、ラフな編集の映像作品になりますが・・・)

国立奥多摩美術館~13日間のプレミアムな漂流~

moao2014

参加作家
赤石隆明・牛島達治・小鷹拓郎・こようちひろ・Colliu・関野吉晴・武田龍・永畑智大・二十二会・松尾勘太・山本篤・和田昌宏

日程
9月13日(土)〜15日(月)、20日(土)、21日(日)、27日(土)、28日(日)
10月4日(土)〜6日(月)、11日(土)〜13日(月)

時間
12時00分〜20時00分
※イベントにより異なる

料金
500円(何度でも入場可)

ウェブ
moao.jp

場所
国立奥多摩美術館(東京都青梅市二俣尾5-157)



9月13日にはスタートと、レジデンスから戻って全然時間がありませんが、前回も参加させてもらった本当に素晴らしい企画なので、奥多摩という場所も考えての新作を出品したいと考えています。帰国後すぐに撮影に入ります!環境も季節も本当に素晴らしいので是非足を運んでいただけたら嬉しいです。

7月1日より約2カ月間 ベルファスト(北アイルランド)のアーティスト・イン・レジデンスで滞在制作を行います。

flax

FLAX ART STUDIO

2014年7月1日~8月29日(予定)
http://flaxartstudios.com/


海外でのアーティスト・イン・レジデンスは初めてのことで、(国内では2008年に横浜美術館で滞在制作)
どのような滞在になり、何ができるか・・・、今から少し緊張しています。
大学の卒業後、ベルリン(ドイツ)に渡り映像を撮り始めてから、約10年が経ちました。
初心にかえりながら、もう一度自分の制作を見つめなおしたいと考えています

ベルファスト レジデンス日記 → http://belfast.atsushiyamamoto.com/

展覧会情報をご希望の方へ

山本篤の展覧会情報を希望の方はお手数ですが、下記のフォームからご登録下さい。
こちらからメールマガジン形式にて展覧会情報を送らせていただきます。



メールアドレス


THE LAST BAUS × TERATOTERA 10×10 ~映画と映像と~

10_10

10人の現代アーティストによる10分の映像作品。
中央線沿線で様々なアートプロジェクトを展開しているTERATOTERAは、活動を開始した2010年よりバウスシアターとコラボレーションし、映像作品の上映、音楽ライブ、トークショーなどを実施してきました。
この吉祥寺を代表する老舗映画館バウスシアターが、惜しまれつつも30年の歴史に幕を閉じようとしている今、TERATOTERAでは現代美術のフィールドで活躍する10人のアーティストによる10分の映像作品の上映プログラムを企画しました。
10作品、全て新作。
アフタートークのゲストには、宮沢章夫さんをお招きしています。
バウスシアターとの最後のコラボレーションにふさわしい豊潤で贅沢な光の芸術にぜひ包み込まれてください。

2014年4月27日(日) 11:20~13:30

参加作家:泉太郎、井出賢嗣、大木裕之、小鷹拓郎、鷺山啓輔、柴田祐輔、鈴木光、地主麻衣子、山本篤、和田昌宏

アフタートーク・ゲスト:宮沢章夫

会場:吉祥寺バウスシアター

料金:¥1,500

主催:東京都、東京文化発信プロジェクト室(公益財団法人東京都歴史文化財団)、一般社団法人Ongoing

協力:株式会社武蔵野映画劇場 吉祥寺バウスシアター