ハイブリッド映像論

ongoing_banner_2-1

15組のキュレータ&アーティストが生みだした至極の映像群

[日時] 2016年11月19日(土)
15:30~18:00
※18:30~シンポジウム『コレクティブの現在』
ゲスト、白川昌生(美術家)、毛利嘉孝(社会学者)

[会場] シネマまえばし(マップ)
群馬県前橋市千代田町五丁目1番1 前橋プラザ元気21・別館3階
(旧前橋西武ウォーク館 旧テアトル西友)

[入場] 無料

2016年11月19日(土)、Ongoing Collectiveは群馬県前橋市にある映画館”シネマまえばし”を舞台に、1夜限りのスペシャル映像祭『ハイブリッド映像論』を開催します。Ongoing Collectiveは、この夏東京・吉祥寺にて結成された、現代美術作家、映像作家、画家、写真家、彫刻家、パフォーマー、ミュージシャン、キュレーター等、全45人からなるアーティスト集団。今回の企画では、コレクティブメンバーがキュレーターと映像作家にわかれタッグを組み、新作映像作品を制作。当日は、全15本のハイブリッド=異種混合の映像作品を一挙公開します。上映後は「コレクティブ=集団としてのアーティスト」の可能性を探るシンポジウム『コレクティブの現在』を開催。アートと映像が出会って起きるハイブリッドな事件を目撃してください。

curator × Artist

阿部葉子 × 青木真莉子
飯川恭子 × 大木裕之
蛭子未央 × 多田佳那子
柴田祐輔 × 片山真妃
万代洋輔 × WY
伊佐治雄悟 × 山本篤
早川真奈 × 齋藤春佳
東方悠平 × 阪中隆文
吉田絵美 × 鷺山啓輔
高村瑞世 × 鈴木光
うらあやか × 千葉正也
弘川ゆきえ × 二藤建人
髙木花文 × 和田昌宏
秋葉大介 × 村田啓(from 秋葉大介推薦)
内海潤也(from 前橋映像祭) × 林俊作(from 前橋映像祭)

ジングル
滝川たきを a.k.a. 東野哲史

投票をお願いします
当日は、審査員および観客のみなさんにどの上映作品が一番面白かったかを投票していただきます。得票数1位の作品を制作したキュレーターと作家のタッグには、作家の千葉正也作成の記念トロフィーおよび、次回、Ongoing Collectiveの海外での交流展やレジデンス等において、優先的にその企画に参加できるようになります。
審査員:白川昌生(美術家)、毛利嘉孝(社会学者)、小川希(Ongoing Collective)

maebashi-1maebashi-2

SOMETHINKS

P1130774
Still1012_00017
Still1012_00001

042 art area project2016 SUPER OPEN STUDIO 関連企画

SOMETHINKS

会期 2016 年 10 月 15 日(土)―11 月 6 日(日)※水曜日休館
時間 10:00―18:00
会場 アートラボはしもと

「SOMETHINKS」では、「042 art area project 2016 SUPER OPEN STUDIO」の関連企画として、参加スタジオに所属する複数名のアーティストが展覧会をディレクションしました。 それぞれの企画者が持つ個人的な関心や制作スタイルに基づいた多様な展覧会が、共鳴・干渉・反発しながら一つの総体となることで、この土地で脈打っているアートのバイブレーションを感じていただけることと思います。 各スタジオの公開と合わせてお楽しみください。

Super Open Studio NETWORK

sm2016_05-259x300

“どう生きるか”#1 相模原にて 振る舞い、怒り、優しさ などについて

企画|千葉正也(LUCKY HAPPY STUDIO)
テキスト|武田実三
アーティスト|山本篤、羽鳥嘉郎

ステートメント

俺の武器は一本のペンと
この身を焦がす心の炎だけ
俺は作曲家であり
詩人なんだ
毎日すばらしい事を閃いては
普段の言動に反映させている
俺は作曲家であり
詩人なんだ

My only weapon is my pen
and the frame of mind I’m in
I’m a songwriter
A poet
I’m a songwriter
A poet
And the things I flash on everyday
they all reflect in what I say

(Sly & the Family Stone 《Poete》より

千葉正也君のキュレーションで橋本で展示させてもらえることになりました。
広々とした展示空間の特徴を活かして、ささやかにモニターを使った映像インスタレーションを展示しています。

国立奥多摩映画館~森の叫び~

とにかく来ていただきたい企画です
↓↓↓
moao.jp

このたび「国立奥多摩美術館」第3回目の展覧会
「国立奥多摩映画館~森の叫び~」を開催いたします。
—————————————————————–
【会期】2016年
○8月:20(土)・21(日)・27(土)・28(日)
○9月:3(土)・4(日)・10(土)・11(日)・17(土)・18(日)・19(祝月)・22(祝木)・24(土)・25(日)<6週・14日間>
◎時間:12:00~20:00
——————————————————————–
【観覧料】1日フリーパスチケット:1,000円
———————————————————————-
【参加作家】
●常設上映3作家>>
○小鷹拓郎
○山本篤
○和田昌宏

●日替わりゲスト>>
8月20日・篠田太郎
8月21日・関野吉晴
8月27日・吉増剛造
8月28日・相澤虎之助(空族)
9月3日・ドキドキクラブ
9月4日・川田淳+田中良佑+村上裕
9月10日・坪田義史
9月11日・山下敦弘
9月17日・嶺豪一
9月18日・平野勝之
9月19日・五十嵐耕平+ダミアン・マニヴェル
9月22日・COBRA+柴田裕輔+地主麻衣子+高田冬彦
9月24日・大木裕之

●生まれたてのアート>>
○永畑智大・五十嵐茂

Time Differences between Two Pictures

current_main_img1_l

詳細はこちら→http://mdlroom.com/time/index.html

2016年6月25日〜7月24日の土日祝日のみ
(6月25、26、7月2、3、9、10、16、17、
 18、23、24日)

時間:12:00〜21:00(最終入場20:30)

出展作家:戸田悠理、東山詩織、
     光岡幸一、山本篤

会場:モデルルーム

入場料:無料

「Time Differences between Two Pictures」は4人のアーティスト、戸田悠理、東山詩織、光岡幸一、山本篤がモデルルームにおいて、それぞれ絵画、写真、映像作品を発表する展覧会です。本展では作品の時間にまつわるもの ――新作や旧作。展示と記録、いま見えるものと永久に見ることができないもの。制作された過去と鑑賞される現在など―― を繋ぎ合わせてみます。鑑賞の時間は、私たちが日常で使い慣れたリニアな時間から離れて、混合したまま露出している原生的な時間へとかえることができるでしょうか。それは管理され変造されてしまった感覚を、私たちの自身の体験の中に置きなおすことでもあります。

この度、東青梅にある現代美術のギャラリー「モデルルーム」で展示をさせてもらえることになりました。
かなり前から、どこかで展示を組んでみたいと思っていた「家族と庭」を展示する予定です。
自分の家族にとっての「庭」について。そもそも「庭」について。映像のインスタレーションを構築します。

【Ongoing JACK!! 】はじめてのフェブラリー

はじめてのフェブラリー

これまで数々の斬るか斬られるかの死闘(コラボレーション)を繰り広げてきた柴田祐輔と山本篤。
相手を踏み台にしてでも、のし上がってやろうという剥き出しのディザイアは、これまで彼らを思いもよらない戦場(未開のフロンティア)へと誘ってきました。
彼らにも未だ予想もつかない、つまりは未だ何も決まっていないフェブラリーの死闘(コラボレーション)。もう何が起こってもおかしくはないはずです!

Ongoing JACK!! 「柴田・山本のはじめてのフェブラリー 」

会期:3月16日~3月27日
ホスト:柴田祐輔 & 山本篤(アーティスト)
会場:Artcenter Ongoing
時間:12:00~21:00
入場料:400円(セレクトティー付き)

詳細はこちら


イベント

  • 3月19日(土)12:00~19:00 公開密室生録音 REC1 「家族」 
  • 3月19日(土)19:00~ はじめてのオープニングパーティ
  • 3月26日(土)12:00~20:00 公開密室生録音 REC2 「不倫」
  • 3月27日(日)12:00~20:00 公開密室生録音 REC3 「予言」
  • ※スペシャルゲスト交渉中

公開密室生録音は、誰でも参加できる完全飛び入り参加型オリジナルラジオドラマの朗読会です。既にテーマに沿った幾つかの脚本が用意されていますので、手ぶらでお気楽にご参加下さい。さあ!みんなで声優さん目指して頑張ろぉ!

2016

2016

2016年1月6日(土)―1月17日(日)
12:00 ― 21:00  月・火休
入場料:400円(オンゴーイング・セレクトティー付)

www.ongoing.jp

イベント

1月9日(土)

Ongoing 8周年記念パーティ
19:00~
参加費:1000円(軽食、1drink付き、入場料込み)

1月10日(日)

Ongoingのこれまでと、これからと、アジアのこと
19:00~
トーク:Ongoing ディレクター 小川 希
参加費:ワンドリンクオーダー

これまで8年間のOngoingでの展示を振り返りながら、
これからのことと、アジアへのリサーチツアーについても聞く予定です。

1月16日(土)

ゆったり夕食会
19:00~
参加無料

何か作るので一緒に食べましょう。
基本的に料理をしないので、おそらくジャガイモ料理です。

1月17日(日)

Pre Ongoing School
作家本人による展示作品の解説を交えてのレクチャー。
お好きなケーキとお飲物がついてきます
13:00~
参加費:1500円 (ケーキとドリンク付き、先着30名様)

TERATOTERA祭り2015 -Sprout-

mainimg

『TERATOTERA祭り』は、JR中央線沿線で様々なアートイベントを展開している地域密着のアートプロジェクトTERATOTERA(テラトテラ)が、2015年11月21日〜23日の3日間、三鷹駅周辺地域を舞台に開催する大規模展覧会です。今年は若手アーティストによる街中でのアート展をはじめ、演劇作品や音楽ライブなど盛りだくさんのラインナップ。短期間にギュッと詰め込んだアートの祭典にぜひお気軽に足をお運びください。

〈コンセプト〉
「あの日」から4 年半余りの月日が過ぎた。大地を揺らした大きな力は、我々がこの世界を生きる意味に対しても揺さぶりをかけ、それ以前の日常はもう決して戻ってはこない。社会的な変動もあれから加速度を増してしまったかのようだ。それに伴い、今を生きる全ての人々に対して早急な選択が迫られている。
「それで、あなたは、どちらなの?」
表現の世界であってもそれは例外ではない“ポリティカル” というさほど聞きなれない言葉がアーティストの口々を飛び交いはじめ、政治的な表現はこの小さな島国をあっというまに覆い尽くした。賛同する・しないに関わらず、そうした表現は今を生きるアーティストにとって大きな指標となったかのようだ。政治的か、政治的でないか。
ただここに来て、その二つの選択肢では括りとれない新しい動きが芽生えつつあるように感じる。そうした新しい表現は、過去を無視するわけでも、忘却するわけでもない。ただ、そこにしがみつくのではなく、自身の脚で自らが信じる方向にすっと立ち上がる。そこに迷いはない。
Sprout = 萌芽を意味するその言葉のように、「あの日」以前そしてそれ以降には決して見ることのできなかった未知なる表現が芽生え始めている。ともすると、あの大きな揺れがもたらした空白の時間、それこそが、彼らを生みだす土壌を作っていたのかもしれない。
T E R A T O T E R A 祭り2 0 1 5 – S p r o u t –
新しい予感に満ち溢れたその無数の芽たちは、私たちをどこへ導いてくれるのだろう。

TERATOTERA ディレクター
小川 希

日時:2015年11月21日(土)〜23日(月・祝)11:00〜19:00
会場:三鷹駅周辺施設、空店舗など
アート展示:うらあやか、江藤佑一、小鷹拓郎、阪中隆文、瀬川祐美子、玉山拓郎、
野口竜平、山本篤、和田昌宏
ライブ: 井手健介、藤田陽介、マヒトゥ・ザ・ピーポー
演劇:贅沢貧乏
参加費:無料(ライブ、演劇のみ有料)
後援:三鷹市、武蔵野市

詳細はこちら
http://teratotera.jp/event/matsuri2015/ 

ありがたいことに、今回も参加させていただけることになりました「TERATOTERA祭り」。
毎度のことですが、まず展示予定の場所を見て、何をどう見せることができるか考える個人的にスリリングで学びの多い企画です。
今回は、市民スペースのような場所で、写真展?を予定しています。

そのメロンソーダ 何の味?

melon

アートを“味”でみてみよう! あなたの味覚でみた時、その作品はおいしい?まずい? あまい?すっぱい?にがい?からい?もしかしたら、今までちょっと遠くから見ていたアート。勇気を出して、舌にのせた気分で、味わってみてください。

「味覚」は古くは、その判断の主観性から、五感の中で下級な感覚と位置付けられてきた。「蓼食う虫も好きずき」、個々人の趣味嗜好にすぎず議論に値しないという意味で。しかし、今、むしろ自分自身の趣味嗜好を知ること、それこそがとても肝腎なことなのではないだろうか。あらゆる欲望がマーケティングされ、私たちが食べるもの諸々すべてが、どこかから用意された”なんとなくよさげなもの”でいっぱいだ。自分が固有に持つ趣味嗜好について、ほんのすこしだけ立ち止まって、考えてみる。

出展作家:
小笠原圭吾、角銅真実、佐藤雅晴、田中和人、山本篤

詳細はこちら→http://taste-melonsoda.jp/

会期:
2015年10月3日(土)〜11月8日(日)
(開館時間:10:00〜20:00)

会場:
東逗子旧キリガヤ(沼間1-4-43)MAP
※JR東逗子駅より徒歩約4分

逗子駅近の飲食店でも作品展示あり:
SUECCO CAFE / moomoo’s / 清水橋バル

入場料:
500円(ワンドリンクつき)
※高校生以下、無料

主催:
任意団体コトヅテ

【お問い合わせ】
MAIL: info@taste-melonsoda.jp
TEL: 080-5521-4923(代表:原)

逗子で展示ということで、いろいろな人に力を借りながら作品を制作しています。
若者と海の街をテーマとした新作の映像インスタレーションを展示予定です。

20151001

3331 Art Fair 2015-Various Collectors’ Prizes‒

fb

詳細はこちら→http://artfair.3331.jp/2015/

【会期】
2015年3月21日(土)~3月29日(日)
【開場時間】
11:00-20:00(最終日のみ19:00まで) ※ 最終入場は閉場30分前
【オープニングイベント】
(ご招待者のみ)
3月20日(金)
16:00-19:00 内覧会
19:00-21:00 オープニングレセプション
【休場日】
会期中無休
【会場】
アーツ千代田3331 1階メインギャラリー
【入場料】
一日券
一般1,200円
シニア・学生800円
高校生以下、障がい者 無料
ペアチケット2,000円

※いずれも当日に限り再入場可。
全日パスポート
一般2,000円
シニア・学生1,600円

※ご本人様に限り会期中何度でもご入場頂けます。
※デポジット制:作品ご購入の来場者さまには入場料を全額ご返却します。

【主催】
3331 Arts Chiyoda
【協力ギャラリー】
A/A Gallery / AOYAMA | MEGURO / Bambinart Gallery / CASHI / CfSHE Gallery / Clark Gallery + SHIFT / HAGIWARA PROJECTS / HARMAS GALLERY / hpgrp GALLERY / Imura Art Gallery / island JAPAN / Gallery Jin / Gallery K / KIDO Press / Gallery Kobayashi / Gallery Monma & Annex / Gallery MoMo / Mujin-to Production / nap gallery / Gallery OUT of PLACE / rosenfeld porcini, London / Taka Ishii Gallery / TALION GALLERY / Gallery Ten / YKG / gallery 21yo-j
【作家選定外部委員】
市原研太郎 / 福住 廉
【キー・ヴィジュアル】
山縣良和 / writtenafterwards[協力:ボクトウ刺繍]