詳細はこちら

どう生きるか #2 六本木にて

展覧会期:2018年5月25日~6月23日
展示作家:千葉正也、小林正人、リー・キット、山本 篤
会場:ShugoArts
キュレーション:千葉正也
テキスト:武田実三

俺は、太陽の光の下に行くと訳が解らなくなってしまう時がある。綺麗すぎるのか、何なのか。何かアレが重要なのか。それと関係あると思うんだが、みんな画像、色んな像を食って生きてるように見える。で、どれを食えば安全で身体に良いとか、こんな料理が出来ました、とか言いだす人じゃなくて。そもそもこれは何だ、これをどうするの、と驚いて痙攣したままそれを扱っている人達の作品を参考にしたいと思った。どう生きるか、の。
 
武田実三


四作家を囲んでのオープニングパーティー

5月25日(金) 午後6時から午後9時


2017年、相模原 SUPER OPEN STUDIOでの「どう生きるか #1 相模原にて 振る舞い、怒り、優しさ などについて」(企画:千葉正也、テキスト:武田実三、アーティスト:山本篤、羽鳥嘉郎、会場:アートラボはしもと、2016)に引き続き、#2でも声をかけていただき、展示させてもらえることになりました。
六本木のShugoArtsという素晴らしいギャラリーで、著名な作家に囲まれての作品発表は緊張感がありますが、是非多くの方に見ていただけたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。